取材のイメージ

選ばれる理由の作り方!ユーザーの取材に行こう 取材編

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今回は、選ばれる理由の作り方Step1「ユーザーの取材に行こう 取材編」のお話です。

 

■ユーザーさんの【心の声】を踏まえて取材しよう

お話を聞かせて頂く方が1名ではなく、複数人の場合に注意していただきたいのが、
ユーザーさんの【心の声】を踏まえて取材することです。

というのも、ユーザーさんにはユーザーさんの事情や社内の関係性があり、

(今回の取材は〇〇さんがメインで答えるべきだよな)
(□□については、私より△△さんが話すのがふさわしい)
(◇◇さんがいるから、発言には配慮しなきゃ)

こんな【心の声】を持って取材に臨んでいるからです。

それを無視するとどうなるかというと、なんとなく表面的な情報しか出てこなくなり、
記事に深みがないというか、核心的な部分が得られず取材が終わります。

そうならないためには、取材のアポイントを取る前の段階で、
この人とこの人の組み合わせだと、どういう話の展開になるかな?と想像しておくこと。

そして、「誰にどの質問をすると聞きたい情報が得られるのか」を念頭に置きつつ、
「ユーザーさんの社内の立場を踏まえて質問内容や質問順番を配慮」しましょう。

そうすることで、ユーザーさんの【心の声】を踏まえた取材展開をすることができます。

 

■ユーザーさん同士の関係性の向上に貢献しよう

もう一つできたら行ってほしいことは、
取材を通じて「ユーザーさん同士の関係性の向上」に少しでも貢献することです。

関係性の向上ってどうやればできるの?と思われるかもしれませんが、
「情報共有やコミュニケーション機会そのものが関係性の向上」になりますので、
特別なことを行う必要はありません。

ただ、忙しい日々の中でなかなか伝えきれていない、

「このプロジェクトがうまく行ったのは○○さんのおかげだなぁ」といったお礼や感謝の気持ち、
「この残課題は○○すると改善できるのではないか?」といった課題やアイデアなど、

ユーザーさん同士の情報共有やコミュニケーション機会にもなるような取材ができると、
取材された方は満足度が上がりますし、結果的に取材した私たちとの関係性も向上します。

せっかくお忙しい中、取材のお時間を取っていただくのですから、
こうした「時のプレゼント」ができるような取材を目指しましょう。

そうすることで、取材は核心に迫り、ユーザーさんとの絆も深めることができます。

 

今日はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。B to Bの広報と採用が本職。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーター、インターネットラジオパーソナリティとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援×広報に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください