写真イメージ

広報担当のインタビュー術②対話のスタンス

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今日は、「広報担当のインタビュー術②対話のスタンス」のお話です。

インタビューを行う際の対話のスタンスについて、3つのポイントをご紹介します。


■ お互いの目的の重なりを探求する

インタビュアーとは、仲人のようなものです。
顧客と会社の目的が重なる部分を対話から探ります。

※もちろん、読者(未来の顧客)の目線も忘れてはいけません。


■ 作り手の思い(意図)を自覚する

制作物には、必ず作り手の「思い(意図)」が入ります。

無意識に自分の意図が入っていることを自覚した上で、
きちんと伝えるべきメッセージを選択しましょう。

関わる全員の関係性マネジメントができると、素晴らしい記事になっていきます。

※まずはたった1人の顧客を満足させること。
 そうでなければ多くの読者を喜ばすことはできません。

■見知った人のインタビューにおける注意点

知り合いに自己紹介してと言われたら、気恥ずかしいし、わざわざ言うのも面倒なので、
ほぼ100%の人が端折って話します。その心理を踏まえ、冒頭にこう伝えておきましょう。

「本日はお忙しいところ、お時間ありがとうございます。
 私は○○さんについて(よく知っています or 事前に調べてきました)。

 しかし、読者の人は○○さんを知らない方もいらっしゃると思います。

 そこでお手数ですが、初めて○○さんのことを知る読者に向けて話すように、
 なるべく具体的にお話いただけると有難いです。」


こうすることで、見知った人でも端折らずに話してもらえるはずです。


今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください