写真イメージ

取材における理想のヒアリング範囲

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今回は、お客様の事例の取材における、ワンポイントをご紹介します。

まず、事例のインタビューというものは、
商材が何であれ、ざっくりこの三部構成から成り立ちます。

・検討したきっかけや背景
・この商品(会社)に決めた理由
・使ってみた感想、今後の展望

つまり、インタビューの範囲って、
検討してから少し先の未来くらいまでなんですよね。

もちろんそれは正しいですし、まずはこの範囲の情報をきちんと得るべきです。


ただ、私は取材をしながら、相手の人生そのものを見るようにしています。

それこそ、生まれてからその人が今日に至るまでに、
どのような生き方をしてきて、何を選択してきたのかなど・・・。

なぜかというと、結局その人やその会社が積み上げてきた過去をたどると、
本人すら気づいていない、真実に辿り着くことが多いからです。

また、人によって見えている未来の度合いは違いますが、
この人は少し遠い未来の自分・会社も描けているな、という時は、遠い未来のことも聞きます。


そのためには、「その人の人生を丸ごと受け入れる」必要があります。


とは言っても、いきなり初対面の人にすべてをさらす人なんていませんよね。
だから私は無理に聞くことはしませんし、基本はインタビュー範囲に集中します。

しかし、もし時間があったらどうするかというと、
まずは私のことをさらけ出します。そうすることで、相手も話しやすくなるからです。


インタビュー範囲外の情報については、書く・書かないは別として、
知っているだけで記事の深みがだいぶ変わりますし、
読み手の共感度合いも高くなる記事が書けます。


もし、今回の取材は聞けそうだぞ!と思った場合は、
「理想のヒアリング範囲」をちょっと意識してみてください。


今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください