写真イメージ

SQLのRANK関数

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今日はSQLのRANK関数について。

売上や件数などに応じて順位をつけたいときは、
RANK関数が使えます。


★RANK関数
同じ順位のレコードが複数ある場合は、次のレコードの順位が飛びます 。

★DENSE_RANK関数
DENSE_RANK関数は順位の番号が飛びません。


例)
SELECT
[営業担当ID],   
[受注件数],   
RANK() OVER(ORDER BY [金額] DESC) AS [順位]

FROM 
 [売上テーブル]

ORDER BY  
[金額] DESC


★ROW_NUMBER関数
RANK関数に似ていますが、順位を付ける関数ではなく、連番を振る関数です。。
ROW_NUMBER関数では値が同じ場合でも違う順位(連番)が付けられます。


今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください