写真イメージ

SQLのJOINの捉え方

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今日はSQLのミニトークです。

SQLとは、RDBMS(リレーショナルデータベース管理システム)の
ソフトウェアを操作・制御する国際標準のデータベース言語のことです。

これだけテクノロジーが進化してくると、
ウェブマーケターも何らかのテクノロジースキルが必要不可欠になると思っています。
(実際アメリカではもうそうなってますし、私も実務で躓きはじめました・・・)


そこで、次のステップとしてマーケティングテクノロジストになるべく、
今年は気合を入れてエンジニアの扉を叩き、SQLを勉強しています。

現在、勉強はひと段落して、JOINくらいまではできるようなったのですが、
「この表現でJOINをとらえたら分かりやすかったな」と思ったことがあったので、
その内容を図解して、冒頭のアイキャッチに入れておきました。

SQLを知らない方だと、なんじゃこりゃ、だと思いますが、
ちょっとかじったことがある方、ちょうどいま勉強されている方は、
ああ、そんな捉え方もあるのね!と思っていただけるかなと思って載せておきます。


今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください