写真イメージ

SQLって魔法の呪文みたいなものだったんだな

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
マーケティングテクノロジストになるべくSQLをぼちぼち勉強しています。

今日のブログは人によっては意味不明かもしれません。むしろ全員かも・・・
「何言ってんだこいつ?」と思うと思いますが、スルーしてください(笑)。


SQLを教えてくれている中野さんから、
「SQLに出てくる ’ON’ は ‘おまじない’ みたいなもの」と言われて、

「そうか、SQLって魔法の呪文みたいなものだな」
って急に思ったという話です。


かの有名なドラクエで例えると、
小さな火の玉を出す魔法はメラと言うのですが、これはSQLで言うと、

・SELECT
・FROM

を使えるようになるとメラが出せるイメージです。

もし、もうちょっと大きい火の玉(=メラミ)を出したいなら、

・SELECT
・FROM
・WHERE
・GROUP BY

をマスターすると出せるようになるイメージです。


「正しい順番」で、「正しい呪文(SQL)」を唱えないと(書かないと)、
メラもメラミも出てこない。

しかし、 「正しい順番」で、「正しい呪文(SQL)」 を、長く唱えられるようになると、
ものすごい火の魔法(=ベギラゴン)みたいな上位魔法が使えるイメージです。


いままでSQLで新しい「〇〇句」みたいなのが出てくると、
「わー大変だ!」とか「覚えないと!」みたいな感じでした。

しかし、単純に知れば知るほど魔法をいっぱい使えるようになると思うと、
急に苦ではなくなってきました(笑)。

見習い魔法使いということで頑張ってみよう。


今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。B to Bの広報と採用が本職。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーター、インターネットラジオパーソナリティとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援×広報に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください