写真イメージ

いま「輪」にいない人が目に入ってきてしまう

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今日はストレングスファインダーの資質の振り返りについてです。

人と話していたり、何か仕事のやり取りがあるときに、
「えっ、なぜ?」となりやすいのが「着想」だと昨日は書きましたが、
けっこう「包含」でもそれがあるなと思いました。

例えば、みんなで意見を出し合って何かやろう、みたいなときに、
忙しかったり、モチベーションの違いだったりで、発言しない人っていますよね。

これが、大人数で話していたりしても、極端な例でいえばイベント会場でも、
いま「輪」にいない人が目に入ってきてしまうのです。

だから入れてあげようと声をかけると、
まわりからは「なぜ」「やる気がない」「今はほっといてあげよう」
みたいな雰囲気になることがあります。

もちろん私も、「今はこの人は必要ないかな」と思って関わらないときもありますが、
自分のイメージではみんなが輪になっている絵があるんですよね。

どうしてこんな願望があるのか、どんなきっかけで生まれたのか、分かりません。
ただ、目に入ってしまうものは見過ごすことができないようです。


今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。B to Bの広報と採用が本職。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーター、インターネットラジオパーソナリティとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援×広報に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください