写真イメージ

Googleアナリティクス:参照元の解析「ノーリファラーの解析」

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
最近、Googleアナリティクスの基本を振り返っています。

今回は参照元の解析の中から、ノーリファラーの解析についてお話します。

■ノーリファラーとは?
どの経路でユーザーがWebサイトに流入したかを
Googleアナリティクスが計測できなかったことを示します。

→いきなりお店にお客様が来て、来店の動機が想像できない状態と言えます。


■ノーリファラーの増加要因は?
・どこかのインフルエンサーが自社URLを紹介した
・スマホアプリからのセッションが増えた
・メルマガに張ったURLにパラメータを張り忘れた


■要因の解析ポイントは?
・ランディングページの内容から、ユーザーの意図を読み解く
・カスタマー別に分析して、ユーザーの意図を読み解く


上記のポイントをうまく押さえて、ユーザーの訪問経路や動機を想像していきましょう。


今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください