写真イメージ

確実に伝えるための超プレゼンテクニック

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今回は、「日本マイクロソフト西脇さんの講演FB」のお話です。

※こちらはウェブ解析士会議2019のレポートです


■プレゼンテーションで Action!
「確実に伝えるための超プレゼンテクニック」
日本マイクロソフト株式会社 エバンジェリスト (業務執行役員)  西脇 資哲 氏


■人生はプレゼンテーションの連続だ。

実は年を重ねるごとに伝える力は落ちる。特に思春期から下降の一方。
赤ちゃんがおぎゃーと泣けば(伝えれば)、大人はみんな振り向いていたように。


■世界の素敵なプレゼンテーションを研究しよう

★キング牧師 I HAVE A DREAM
http://www.youtube.com/watch?v=B3P6N9g-dQg&feature=fvwrel

★マドンナはマイケルジャクソンに敬意を表します
http://www.mtvjapan.com/video/event/19585

★スティーブ・ジョブズ スタンフォード大学卒業式での伝説のスピーチ
http://www.youtube.com/watch?v=Xs6f-kd-COk

★ステイシー・クレマー「人生最高の贈り物」
http://www.ted.com/talks/lang/jpn/stacey_kramer_the_best_gift_i_ever_survived.html

★ジャック・アンドレイカ:有望な膵臓がん検査 ― なんとティーンエージャーが開発
https://www.ted.com/talks/jack_andraka_a_promising_test_for_pancreatic_cancer_from_a_teenage r


■魅力的なプレゼンテーション

・自分自身の動きと目線 (体の動き、 手、指の動き、自分の目線)
・言葉遣いのマジック(最初のインパクト 、印象的な言葉遣い、接続詞の強調、言葉の修飾や比喩)
・自信と情熱/愛情 ←何よりもこれが大事


■プレゼンテーションの本質
伝えること、見せること、何より「相手を動かすこと」


■プレゼンテーションの種類
・オーソドックス型
・詳細(ビジー)型
・フラッシュプレゼンテーション


■プレゼンテーションの数式
話していること=聞いていること=見ているもの →目線を合わすことがポイント


■スライドを際立たせるテクニック
・サクセスストーリー
・ホラーストーリー

○○したらうまくいく、といったサクセスストーリーもいいが、
○○しないと△△になる、というホラーストーリーも織り交ぜる。


■最初と最後のシンメトリック
やり方は簡単。最初に言った結論を、もう一度最後にも繰り返す。


■テクニック
・手や指の動きを入れる
・短い説明と接続詞、さらなる接続詞
・事実と意見の組み合わせで話す
・引用と比較をする
・相対時間を使う
・修飾語
・語尾活用法
・ペースメーカーを見つける
などなど

■感想

■やることメモ
西脇さんお勧めのプレゼンテーションを1週間以内をめどに見る。


今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください