写真イメージ

人を動かすためのレポート作成術

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今回は、「HAPPY ANALYTICS 小川さんの講演FB」のお話です。

※こちらはウェブ解析士会議2019のレポートです


■ウェブ解析で Action!
「人を動かすためのレポート作成術」
株式会社HAPPY ANALYTICS代表取締役 小川 卓 氏


■今日の目的
人を動かすことの意味と方法を知ること。

なぜ人を動かす必要があるかというと、分析レポートを受け取ったクライアントが、
改善施策を実行できなかったら意味がないから。

では、クライアントを動かすためには何が必要かというと、
意思決定者に意思決定してもらう必要があります。

では意思決定するためには何が必要かというと、
意思決定するための情報が必要になります。


■人を動かす方法1
サマリーシートを作る。

サマリーシートとはレポート報告時に 利用する「1枚3分」で説明できる
結果と次のアクションを表したもの。


■人を動かす方法2
数値×施策レポート

数値だけでも、施策だけでも、意思決定には不十分。
数値×施策でレポートとを作ること。


■人を動かす方法3
改善施策の提案方法

施策を行うと、売上どれくらい上がるの?と聞かれるのは、
意思決定した際の説明責任がるから。


■感想

■やることメモ
どんなレポートでもサマリーシートをつけるようにしよう。


今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください