写真イメージ

企業相手に仕事をするなら絶対に知っておきたいBtoBマーケティングの要諦

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今回は、「ペイジ枌谷さんの講演FB」のお話です。

※こちらはウェブ解析士会議2019のレポートです


■マーケティングで Action!
「企業相手に仕事をするなら絶対に知っておきたいBtoBマーケティングの要諦」
株式会社ペイジ 代表 枌谷 力 氏


■お話の概要
B toC とB to Bの違いから、言葉の磨き方、自社サイトの使い方、情報発信など、
幅広い観点からB to Bマーケティングのポイントを解説してくださいました。

■B to CとB to Bの違い。
購買プロセスが全く違う。人から人へ伝わる言葉が大事。

決定方法と理由 Cは独断と好意、Bは協議と経済合理性
購買目的    Cは所有・体験・課題解決 Bは課題解決

※これを買うとなぜ課題が解決されるのかストーリーで語る
※ただし情緒的な信頼感も不可欠(高いのに後でしか効果はわからないため)

■BANT条件を決めよう
Budget   =予算
Authority   =決済権
Need   =必要性
Timeframe =導入時期

★ストーリーを作ろう
問題提起、結果、実証、信頼、安心、そうしてようやく意思決定になる。

■感想

■やることメモ
自分たちのビジネス流のBANT条件をつくる!


今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください