写真イメージ

AMA Virtual Conference:The Year Ahead in Marketing, Day1(Takeaways)

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士のKeiです。
1月25~27日は、 AMA(American Marketing Association)の年始イベントが開催されています。

今回は、The Year Ahead in Marketing(Day1)のシェアをします。


■オンラインセッション1

★タイトル:Pivoting with Purpose:
How a Small Agency Made Big Strides During the Pandemic
(Tuesday, January 25, 2022, 8am-9am)

★発表者(Speakers)
 Name:Telly Wong|Chief Content Officer & SVP
 Company:IW Group

IW Groupは、多文化の大手クリエイティブエージェンシー。
マクドナルド、レクサス、ネットフリックス、ブラウンフォーマンなどに向けて、
革新的なキャンペーンとエクスペリエンスを設計しています。


セッションの冒頭は、COVID-19によってマーケティングにどんな影響があったのか、
統計データの紹介後、以下の3点について事例を交えながら紹介がありました。

①#WashTheHate
COVID-19対策(手を洗う)に、Asian-hateをなくす(Wash)をかけたキャンペーン。

②LGBTQのイベント
500のリアルイベントがキャンセル →新しいつながり方に発生

③メタバース
メタバースの関心が増える →VR 体験が実店舗の購買率に貢献

まとめとして印象的だったのは、
「マーケティングの未来は、文化とテクノロジーの交差点にある。」という言葉。
日本は同一民族が多いので、人種のことやLGBTQに関する話題は少ないですが、
多様な人種が住む国では、こういった視点が特に大切だと感じました。


■オンラインセッション2

★タイトル:The Changing Role of Content in 2022
(Tuesday, January 25, 2022, 9am-10am)

★発表者(Speakers)
 Name:Dave Bascom|VP of Marketing
 Company:Lucidpress

コンテンツのパーソナライズ需要に関する最新のリサーチや、
それを満たす難しさを解説の上、コンテンツ作成プロセスとデータを合理化しよう、
それにはLucidpressが最適です、というお話でした。
提供サービスは、こちらの動画を見ていただくと分かりやすいと思います。


■オンラインセッション3

★タイトル:Are you ready to take control of your marketing career in 2022?
(Tuesday, January 25, 2022, 10am-11am)

★発表者(Speakers)
 Matt Gleim | Senior Director, Demand Generation, Salesforce
 Irene Engels | Senior Product Marketing Manager, Copado
 Vicki Moritz-Henry | Solutions Consultant & Instructor

3人のスピーカーによる、マーケターのキャリアに関するセッションです。
仕事の対応であまり聞けなかったのですが、各自のキャリアについて共有がありました。
SalesforceのTRAILHEAD(いろんなスキルを磨けるサイト)の紹介もあったので、
ご存じの方も多いと思いますが、紹介しますね。

このサイトによると、アメリカのマーケティングマネージャーの平均年収は、
$85,627(980万円くらい)のようです。

▽TRAILHEAD
https://trailhead.salesforce.com/career-path/marketer


■オンラインセッション4

★タイトル:Measurement Best Practices for ABM
(Tuesday, January 25, 2022, 11am-12am)

★発表者(Speakers)
 Name:Auseh Britt |VP of Growth Marketing
 Company:Terminus

ABM(アカウントベースドマーケティング)は、量よりも質を重視する手法の一つで、
顧客のライフサイクルのすべての段階に関わります。
これらのファネルがどうなるか?が下記PDFを使って紹介されていました。これは有難いですね。

▽ Full Revenue Funnel
https://terminus.com/wp-content/uploads/2021/02/AccountBasedMarketingFunnelInfographic.pdf

それから個人的に参考になったのは、ABMのよくあるケース、KPIの紹介です。

★Our Top 3 ABM Use Cases
・New Customer Acquisition
・Pipeline Acceleration
・Customer Expansion

★PRIMARY KPIs
・ Opportunities created (#)
・ Opportunity conv. rate (%)
・ Pipeline created ($)
・ Closed won deals (#)
・ Revenue generated ($)

★SECONDARY KPIs
・ Account engagement (%)
・ Opportunity size ($)
・ Win rate (%)
・ Sales cycle (days)
・ Average deal size ($)
・ Account engagement (%)
・ Display ad CTRs (%)
・ Paid social ads CTR (%)
・ Webinar/event registrations (#)
・ Webinar/event attendance rate (%)
・ Sales sequence engagement (CTRs, reply rates) (%)
・ Custom landing page visits
・ Custom chatbot conversations

「ICP」と言う単語が出てきたのですが、何のことか分からず調べてみたら、
Ideal Customer Profileの略、つまり理想的な顧客ファイルのことでした。

アカウントベースなので、この設定が間違ってたら成果は出ませんもんね・・・
そういう意味ではICPの設定はとても肝になるポイントだと思います。

▽参考:From ICP to ABM: Why ABM Success Depends On Your Ideal Customer Profile
https://hginsights.com/blog/from-icp-to-abm-why-abm-success-depends-on-your-ideal-customer-profile/

以上です。また次回のブログでもお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析して、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。ブログではウェブ解析のことや、日々の気づきを綴っています。現在は海外赴任でオレゴン州ポートランド在住。Global Business Strategic マネージャー。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください