写真イメージ

3つの心理空間:コンフォート・ストレッチ・パニックゾーン

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今回は、「3つの心理空間:コンフォート・ストレッチ・パニックゾーン」のお話です。

自分や部下を成長させていくために、
知っておくとよい概念について今日はご紹介します。

みなさんは、脳科学や心理学の分野で有名な3つの心理空間 、

・コンフォートゾーン
・ストレッチゾーン
・パニックゾーン

という言葉を聞いたことはありますか?
図解するとこのような感じです。

コンフォートゾーン(快適空間)とは、
安心感があり、居心地が良いと感じる心理状態を指します。
快適なのですが、新たな学びはない状態です。

ストレッチゾーン(挑戦空間)とは、
コンフォートゾーンから少し出た状態のことで、
ちょっと不安やストレスがあるけれど、学びもある心理状態を指します。

通常はこの2つを行き来する感じになると思いますが、
これら以外にももう一つパニックゾーンという領域があります。

パニックゾーン(混乱空間)とは、
許容範囲を超えて、ストレスや負荷がありすぎる状態のことを指します。
この領域でも学びはありますが、耐えきれずにつぶれてしまう可能性もあります。


大切なのは、この3つのゾーンをコントロールすること。

特にマネジメントする立場の人は、セルフマネジメントはもちろんのこと、
部下の心理状態もしっかり見てあげる必要があります。

コンフォートゾーンから抜け出して、ストレッチゾーンに行くことも大切ですし、
少し背伸びしすぎた時は、しばらくコンフォートゾーンで休んだっていいと思います。

意図せずパニックゾーンになってしまうのはあまりよくないですが、
コントロールをした上でパニックゾーンを体験することも、時には必要だと思います。

大事なのは、今の自分の状態、部下の状態、家族の状態が、
どの心理状態にあるか常に把握しておくことと、
意思を持ってそれを調整できることではないでしょうか。

今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。B to Bの広報と採用が本職。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーター、インターネットラジオパーソナリティとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援×広報に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください