写真イメージ

駆け出しマネージャーの成長論「部下育成」

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今回は、駆け出しマネージャーの成長論より、「部下育成」について振り返ります。


■部下育成の原理とは?

リスクをとって部下に仕事をさせ、​
適切なタイミングでフィードバックを行うこと。​

仕事の難易度 × 部下の能力​


■原則は全員育てる。だが、分類と優先順位がポイント。

・マネージャーの期待「大」×本人の成長意欲「大」
→右腕さん:満足する仕事と​助言指導が必要​

・マネージャーの期待「大」×本人の成長意欲「小」
→次の右腕さん:期待感を伝えて、​仕事を任せる​

・マネージャーの期待「小」×本人の成長意欲「大」
→もう1歩さん:中長期的な視点で​地道な継続を説得​

・マネージャーの期待「小」×本人の成長意欲「小」
→粛々さん:日々の声かけで、​モチベーションを下げない​


■常に部下の心理空間を「挑戦空間」に保つ

・挑戦空間(ストレッチゾーン)を維持する
 参考URL:https://web-analyst-chanoma.com/archives/3354


■プロセスに対して振り返りをさせる。

・目標咀嚼​(業務内容や目標について部下の腹に落とし込む。​)
・ストレッチ​(背伸びや挑戦を含む業務経験を与える。​)
・振り返り(仕事の進捗を見て、適宜、部下の振り返りを促す。​)


■「線」による育成と、「面」による育成。※特に新人に有効​

・直線 ・・・新人 VS マネージャー
・面  ・・・新人 VS マネージャー、先輩、同期


改めて振り返ってみると、
プロセスに対する振り返りのところをもう少し強化した方がいいかな、
という自身の振り返りになりました。


今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください