写真イメージ

GTDで実践!ストレスフリーに仕事が捗るタスク整理術に参加しました

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今日は、「GTDで実践!ストレスフリーに仕事が捗るタスク整理術」セミナーに参加しました。

■GTD(Getting Things Done)とは
ビッド・アレン(David Allen)氏が、
書籍『仕事を成し遂げる技術 ―ストレスなく生産性を発揮する方法』
(原題: Getting Things Done、2002年)の中で提唱した、個人で使うタスク管理術のこと。


■GDTの手順
以下のステップを踏んで行います。

1)把握する 全てリスト化する
2)見極める 行動が必要か、誰かに依頼するのか
3)整理する 仕分けたものを適切な場所に保管
4)更新する 定期的に見直す
5)選択する 状況・優先順位に合わせて実行


★各ステップのポイント
1)最初に「あらゆるタスクを書き尽くす」こと。

2)行動が必要なもので、2分以内にできるものは「すぐやる!」。
  時間がかかるものは、「依頼する」「時間ができ次第着手する」「行わない」に分類します。

3)自分がやるタスクはもちろん、連絡待ちのタスクもリストとして整理します。

4)更新頻度は、毎日、一週間など、自分のリズムに合わせて設定します。

5)あとはとにかくやる!


良かったら参考にしてみてください。

今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください