写真イメージ

Search Console Insightsのベータ版を使った感想

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
2020年8月18日に、Google から「Search Console Insightsベータ版」 がリリースされました。

こちらはGoogle AnalyticsとGoogle Search Consoleを掛け合わせた簡易的なレポートで、
スマホからもサイトの状況を簡単に確認することができます。

現在、ベータ版が利用できるのは一部のサイトのみ。
私はたまたま対象者で、Googleの公式アカウントからメール通知が届いていました。

使ってみた感想は、サイトの状況をざっくり知るには良いと思いました。
また、for content creatorsとあるように、サイト運営者というよりコンテンツ制作者向けで、
ブログとかやっている人には良いんじゃないかと思います。

今回は、そんな Search Console Insights についてご紹介していきます。


対象者にはメール通知が届く

ベータ版の対象者になると、このような感じでGoogleの公式アカウントからメール通知があります。
Search Console Insights を開く」をクリックすると、ツールのページへ移動できます。

メールのイメージ


GoogleのTwitterではこのように告知されています。
※Googleの告知サイトはこちら


Search Console Insights で分かること①

■概要グラフ( 過去 28 日間のPV数、平均PV時間のサイトのパフォーマンス )
■新しいコンテンツ( 過去 28 日間に初めてビューがカウントされたサイト コンテンツ)
■最も人気のコンテンツ( 過去28日間のPV数、平均PV時間)※長時間滞在バッジ付き
■上位のトラフィックチャネル( 過去28日間の訪問者のアクセス元のチャネル 上位3つ)
■ Google検索:過去28日間のGoogleでのサイトへのアクセス経路
■ 他のサイトからの参照リンク:外部リンクしているウェブ上のページ
■ ソーシャル メディア:ソーシャル メディアからのサイトへのアクセス経路

このレポートがどんなもので、どんな条件で抽出しているのか知りたい方は、
説明アイコンから確認ができます。

Search Console Insights で分かること②

Search Console Insightsをスマホで見たイメージがこちらです。

Search Console Insightsのイメージ

各コンテンツをクリックすると、ドリルダウンしてデータを見ることができます。
例えばこのような感じ。

Search Console Insightsのイメージ

Google検索のコーナーでは、検索クエリや急上昇中の検索クエリを把握できます。
コンテンツごとにキーワードや順位が分かるのはなんかいいなぁ。

Search Console Insights を使ってみた感想

良い点は、サイトの概要がざっくり把握できる点です。

スマホでも見やすいインターフェースなので、隙間時間にパパっと見ることができますね。
特に個人ブログとかは、このツール向いていると思います。

反面、ガッツリ分析するには向いてない状態です。
このツールのコンセプトや、ベータ版からどれくらい進化していくか?次第でしょうか。

今後が楽しみです。


今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

1件のコメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください