継続のイメージ

習慣化による継続力① ~続けられる!という魔法をかける~

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今回は、「習慣化による継続力」のお話です。

こちらはインハウスのウェブ担当に必要な能力その2のご紹介ですが、
周りからよく「続けるの苦手!」「コツコツがつらい!」という声を聞くので、
3回にわたって詳しくお話ししていきたいと思います。

 

■続けるのは得意ですか?

以前の私は、続けることは苦手ではありませんでしたが、得意でもありませんでした。
今の私はというと、比較的続けるのは得意だと思っています。

そのきっかけは、「自分は続けられる人だ!という魔法をかけることに成功したから」です。
この感覚が継続力を磨く上で、とても大切な第一歩だと考えています。
どうやって自分に魔法をかけたのか?私のエピソードを交えてご紹介しますね。

 

■嘘をつきたくない、裏切りたくない人に協力してもらおう

大学生のころ、ダイエットをかねて筋トレをしよう、と思ったことがありました。
しかし、私は万年文化部で運動する習慣もなかったので、
毎日の筋トレが思いのほか辛くて、ぜんぜん続きませんでした。

そこで、嘘をつきたくない、裏切りたくない、心から信頼している友達に真剣に頼んだのです。

「2か月間、筋トレを毎日やって、自分の体をもっと良く変えたい!」(手に入れたい理想)
「一人じゃ続けられないけど、○○ちゃんとの約束なら守れると思う。」(あなたに頼む理由)
「筋トレをやった後、必ず○○ちゃんにメールします。」(約束すること)
「もしも○時を回っても連絡がなかったら、突っついてほしい。」(あなたへのお願い)

こんな感じです。

だいたい何でもそうなのですが、やり始めた当初はできるのです。
しかし、疲れている日や、うっかり寝てしまったりする日、
結果なんて出ないやって後ろ向きになる日が出てきます。

そんな時私の友達は、

「佳ちゃん、今日は運動できたん?」

と、約束通り私を突っついてくれました。
そして、「今日もえらいねー!明日も頑張ってね!」と毎日褒めてくれたのです。

友達を絶対に裏切っちゃいけない!
そう思って、私は続けることができました。

そして2か月後、体重計に乗っても体重は減っていないし、筋肉も大した変化はなく、
数字上は何の結果も出ませんでした。でも、もうそんなことはどうでも良かったのです。

「2か月続けられた!」それこそが一番の結果であり、
「私って続けらる人なのかも!」という魔法がかかったこと、が最大の効果でした。

こうして、まずは信頼できる人に協力してもらって、
自分に「続けられる人なんだ」という魔法をかけてしまいましょう。
次のステップは、「自分だけでもできるようにすること」です。

 

今日はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。B to Bの広報と採用が本職。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーター、インターネットラジオパーソナリティとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援×広報に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

1件のコメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください