写真イメージ

結果が出ない自分から脱却する方法

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
昨日に引き続き、頑張っているけど結果が出ない件を掘り下げていきます。

まずは前回の復習から。
マインドセットを除くとこの4つの基礎スキルが必要だと私は思います。

1)目標の強烈なイメージ(具体化)
2)現状の正確な理解
3)実行可能な戦略立案
4)確実な実行


結果が出ない人のパターンと、結果が出ている人のパターンはざっくりこんな感じ。

■頑張っているけれど、結果が出ない人
1 or 2 or 3のいずれかの能力が不足していて、4を頑張っている人

■結果が出ている人
1 or 2 or 3の能力不足を解消できるほど、4をめちゃくちゃ頑張っている人
1 and 2 and 3 の能力があって、4を頑張っている人


結果が出ている人は2つのパターンがありますが、
後者の方が心理的負担も低いでしょうし、実現も早いと思います。

しかし、1、2、3の能力ってそんなにすぐ身に付かないんですよね。

4の実行だってなかなか大変です。


でも結果が出せている人はここもできている人が多いようです。
一体彼らはどうやっているのでしょうか?


これは私の個人的意見ですが、
なんだかんだ「先生やコーチに恵まれている」のではないかと思います。

つまり、1人で戦ってないんです。

自分だけで結果を出そうと思うと、
1、2、3、4すべてを磨き切らないといけないのでめちゃくちゃ大変なうえ、
結果を出すまでにかなり時間がかかってしまうでしょう。

しかし、いい先生やコーチがそばにいると、1の目標設計や2の現状分析、
そしてそのギャップを解消する3戦略を考えてくれる上、4の実行もサポートしてくれます。


まとめると、結果が出ない自分から脱却する方法は、
1~4のうち、自分の弱いポイントを「ほかの人や要素で補完してもらう」ということです。

補完してもらいながら、それを「自分でもできるように」していった人、
そして結局は「めちゃくちゃ頑張った人」がさらに大きい成果を出していると思います。


とはいえ、周りに良い人もいないし、すべてのスキルがまだ磨かれていない。
そんな人が一番やるべきは、1~4のどれでしょうか?

明日のブログではそのお話をしたいと思います。


今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください