写真イメージ

ミクロとマクロの視点から人生を設計する

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今回は、「ミクロとマクロの視点から人生を設計する」のお話です。

※こちらは大学生向けキャリアデザインのお話の続きです

インターンシップなどをやっていると、
自己分析のやり方が分からない、といった相談をとても多くいただきます。

この背景は、大学や就活本で「自己分析しなさい」と言われるからなのですが・・・

そもそも何故やらないといけないか、
何のためにやるのかがスッポリ抜け落ちてしまって、
自己分析という言葉だけが独り歩きしてしまっているように思います。

自己分析の目的を私なりに解釈すると、


「この社会において、自分をどのように活かし、生きていきたいか?」


これを再認識するためだと考えています。

自己分析というと、自分がどうありたいか?だけに焦点が当たることが多いですが、
私は「この社会において」という部分も含めて行うことをお勧めしています。

なぜかというと、

そもそもで言えば、地球が存在していないと就職どころではありませんし、
自分のことだけ考えても、社会の中ではうまくやっていけないからです。

つまり、全体から俯瞰してすべてを設計していくイメージです。

ミクロ的視点と、マクロ的視点から、今の自分の状況を眺めてみるのです。

この先地球がどうなっていくのか、
日本あるいは国際社会はどうなっていくのか、この業界は、この企業は、そして自分は・・・

こうして全体から俯瞰して物事を見てみてください。

自己分析以外にも、業界分析だとか、企業分析をしなさいと言われると思いますが、
その時も上記の図を思い出して、「いま自分が全体のどの部分をやろうとしているのか」
認識した上で進めていくことをお勧めします。


今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください