耳の痛いことに学びあり

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今回は、「耳の痛いことに学びあり」のお話です。

皆さんの周りには、自分にとって耳の痛いことを言ってくれる人はいますか?

本当にあなたのことを思って言ってくれる人もいれば、
ただ言いたいだけの人もいると思います。

いずれにせよ、耳の痛いことを言ってくれる人のことは、
受け止めた方がいいと私は思っています。

なぜかというと、自分が見たくない現実や、
自分の視野に入っていない事柄を気づかせてくれるからです。

私の周りにいる多くの方は、
私に賛同してくれて、応援してくれる人が多いのですが、
中には耳が痛いことを言ってくれる人もいます。

言われるとかなりショックなこともありますが、
精神的に楽な環境ばかりにいても学びはないのも事実ですよね・・・。

まわりにそんな方がいたら、邪険にせず、
言いにくいことを言ってくれる貴重な存在として受け入れてあげてください。

今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください