イメージ写真

悩んで止まるより、実験する。

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今回は、「悩んで止まるより、実験する。」のお話です。

例えば、どこかのお店に入って、御飯が美味しかった、そうじゃなかった。
こんなことをSNSで発信することってありませんか?

私もそういった経験があるのですが、
記事を投稿する時に、いつもこんなジレンマを抱えていました。

「1回の訪問で、この店を評価してしまっていいのだろうか…」


お店が美味しかったにせよ、そうじゃなかったにせよ、
「たまたま今回がそうだった」としたら、
果たして世の中にこんな発信をしていいのだろうか、と。

そんな思いが芽生えるとどうなるかというと、
考えすぎて難しくなって投稿をやめるか、
考えるのをやめて投稿するか、どちらかになることが多いと思います。

私の場合は考えた末、「実験すること」を選びました。

具体的には、
同じお店に100回通ってみよう。あらゆる時間帯と季節に訪問しよう。

もし1回目とそんなに印象が変わらなかったとしたら、
1回目の感想をそのまま書いてもいい、ということにしよう。

というものです。


そこで、あるお店を3年かけて100回通ってみたんです。

するとどうでしょう。
1回目の印象と、100回目の印象って、どう違ったと思いますか?


実は、「そんなに変わらなかった」のです。


また、実験をしてみて、良いお店の条件も分かってきました。

それは、提供サービスの「安定性」と「平均値の高さ」です。

結局のところ、いいお店はあらゆる提供サービスが安定しているのです。
アルバイトの子でも、社員でも、同じような接客ができたり。
出てくる料理にムラがなかったり。

その上で、全員の平均値が高い、そんな特徴があると分かりました。

つまりどういうことかと言うと、
いいお店はいつ行ってもクオリティが安定していて、平均値が高く、
まだまだ改善点のあるお店は、いつ行ってもそのクオリティなのです。

だから、結局のところ第一印象を書いたとしても、
それがそのお店のクオリティと言って良いと、自信が持てるようになりました。
(交通事故的な確率のトラブルなどは除きますが・・・)


なので、もし皆さんの中で「これってどうなのかな」と悩むことがあったら、
その悩むパワーをぜひ「実験するパワー」に変えてみてください。

そうすると思わぬ発見がありますし、
自分を思考停止と行動停止から救うことができますよ。


今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。B to Bの広報と採用が本職。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーター、インターネットラジオパーソナリティとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援×広報に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください