イメージ写真

女性リーダー育成②コミュニケーションの量と質を上げる

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今回は、「女性リーダー育成②コミュニケーションの量と質を上げる」のお話です。

このシリーズは、男性上司から見た場合に、女子と仕事がうまくいくコツを、

①ロジカルシンキングを鍛える
②コミュニケーションの量と質を上げる 
③やりたいことの発見を支援する 

の3つに分けてご紹介しています。
今回は「②」についてのお話となります。

■コミュニケーションの量と質を上げる

男性陣からよく聞かれる質問の中に、
「女子って、何を考えているか良く分からない」 といったことがあります。

これって、恐らく性別とかの問題というよりは、
単純に「コミュニケーションの問題 」 が大きいと思うのです。
例えばこちらをご覧ください。

イメージ写真

男性上司と男性部下の場合、仕事の付き合い以外に、
一緒にご飯を食べたり、仕事の後に飲みに行ったり、休日にスポーツをしたり、
いろんな角度でコミュニケーションを取り、関係を築いていませんか?

一方で女性部下とはどうでしょうか。
恐らく仕事上の付き合いしかしていないのではないでしょうか。

ただ、それは致し方ないことかなとも思います。
(だって、彼女や奥さんではない女性と仕事以外の部分で親しくしていたら、
 いらぬ噂なども出てしまうかもしれないですしね)

だからこそ、会社は「社員同士のコミュニケーションを均等にする」という、
サポートをしてあげたり、企画をするべきだと思います。
例えばこのような感じ。

イメージ写真

性別に関係なく「一対一で共に食事をする機会」を作ったり、
地域のイベントに参加するなど「仕事以外での交流機会」を作ったり、
研修などで「共同作業」を作ったり。

さまざまな体験を共有することで、自然とコミュニケーションは生まれるもの。

複数の部下を持つ上司の方は、メンバー同士のコミュニケーションの量と質が、
それぞれの組み合わせてばらつきが出ないように、「均等にする」だけでも、
メンバー同士に平等感が生まれ、雰囲気も変わると思います。
良かったら参考にしてください。

今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。B to Bの広報と採用が本職。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーター、インターネットラジオパーソナリティとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援×広報に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください