イメージ写真

1年間アピールを続けて実感した3つのこと①

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今回は、「1年間アピールを続けて実感した3つのこと」のお話です。

2018年もあと数日ですね。
皆さんはどんな目標を掲げて1年を過ごされていましたか?

私の勤務先のスローガンは、「appeal it(アピリ)」でした。

これまで会社や個人が蓄積してきたあらゆる財産(人や働き方やノウハウ等)を
お客様だけでなく、社内のメンバー、街の人、家族など、
あらゆるステークホルダーにアピールしましょうというものです。

思考錯誤しながらいろんなアピリを実践したところ、

① アピリの繰り返しで自己認識力が高まる
② 自分のメソッドが確立される
③ どんどん新たな出会いと機会がやってくる

という3つの実感がありました。
今日は①についてのお話です。

■発信と反応の繰り返しで自己認識力が高まる

以前ブログで、自己認識力の高さが事業の成果に直結するとお話しましたが、
それを達成する一つの手法が、「発信=アピリ」するということです。

発信するとどうなるかというと、
【何らかの反応】または【無反応】が返ってきます。

例えば先日のブログで、プレゼント企画のキャンペーンを発信したところ、
応募と、応募がない、という二つの反応が返ってきてるのがそれです。

どちらに対しても、「何がそうなった要因なのかな?」と考えたり、
直接ユーザーに聞いたりすることで、

「そんな要因もあるんだな」という気づきが得られ、
今回の発信(アピリ)がどう見られたのか?判断できる材料になります。

さらにお勧めなのは、発信する前に「仮説」を立てること。

仮説でなくても、こうなるのでは?という「予想」でもいいです。
そうすると、自分の「仮説あるいは予想」と「現実」のギャップが分かるため、
自分の自己認識具合も分かるし、修正もできるというものです。

以上、いかがでしたでしょうか?

今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください