写真イメージ

Web summit 2018:FullSTK(開発者会議)★

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今回は、「Web summit 2018:FullSTK(開発者会議)」のお話です。

Web summit 2018のTracksについて、事前の情報をまとめていきます。

 

■FullSTK

テーマ:開発者会議
出展社:moz://a、Linkedin、Google、THE LINUX FOUNDATION、Microsoft、ATLASSIAN

FullSTKは、コンピュータエンジニアリングの未来を模索するべく、
4つのコンテンツから、セッション、ラウンドテーブル、ワークショップが開催されます。

 

1)DevOps(デブオプス)

まず、DevOps(デブオプス)の言葉の意味をご説明しますね。以下、ウィキペディアより。

DevOps(デブオプス)は、ソフトウェア開発手法の一つ。開発 (Development) と運用 (Operations) を組み合わせたかばん語であり、開発担当者と運用担当者が連携して協力する(さらに両担当者の境目もあいまいにする)開発手法をさす。

ソフトウェアの開発手法を再定義したDevOpsですが、この概念のコア=哲学とは何でしょう?
世界をリードする開発者を集めて、その答えを探求します。

 

2)Containers(コンテナ)

「container native applications(コンテナ ネイティブ アプリケーションズ)」とは、
クラウド上でコンテナベースのアプリケーションの構築や運用の簡素化を実現するアプリ。

開発できない私にはさっぱりわからないのですが、
これらの有用性・活用について探求するコンテンツのようです。

 

3)Open source(オープンソース)

近年、大手IT企業から政府機関に至るまで、オープンソースのものが増えています。
一方で、多くの人がオープンソースのセキュリティリスクとその収益化の可能性について、
懐疑的であることも事実なんだとか。
実際どうなのか?オープンソースのチャンピオンに聞いてみましょう。

 

4)Security and compliance(セキュリティとコンプライアンス)

GDPRはじめ、ヨーロッパでは厳しい法律規制が導入されており、
またハッカーのリスクが高まっている昨今。

企業がセキュリティに対して充分なリソースを割かなかった場合にどうなってしまうのか?
考える機会にできそうなコンテンツです。

 

▽Web summit 2018:FullSTK
https://websummit.com/fullstk

今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。B to Bの広報と採用が本職。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーター、インターネットラジオパーソナリティとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援×広報に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください