幸せのイメージ

幸せにはコツがある?幸せの4つの因子

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今回は、「幸せにはコツがある?幸せの4つの因子」のお話です。

昨日の記事で、幸せになればウェブ解析もうまくいくということと、
幸せにはメカニズムがある、とお伝えしました。

今日は、幸せのメカニズムについて、
幸福学の第一人者である慶応義塾大学大学院 前野教授に教えていただいた、
「幸せの4つの因子」のお話をします。

※前野教授のラボ関係者みなさんへ※
誤った記載があればお知らせください。

 

■前野教授とは?

慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント(SDM)研究科教授。
1962年山口県生まれ。84年東工大卒。86年東工大修士課程修了。
カリフォルニア大学バークレー校客員研究員、
慶應義塾大学理工学部教授、ハーバード大学客員教授を経て、
慶應義塾大学大学院SDM研究科教授へ。
現在は慶應義塾大学ウェルビーイングリサーチセンター長を兼任されています。

もともと機械工学や設計工学をされていたことから、ロボットの身体と心の研究を始め、
転じて人間の身体と心の研究、そしてイノベーション教育、
現在は幸福学・共創学・社会システムデザインを研究されています。

▽前野教授のプロフィール参考URL
http://www.sdm.keio.ac.jp/faculty/maeno_t.html
http://www.takashimaeno.com/

 

■長続きしない幸せと、長続きする幸せ

皆さん、長続きしない幸せって、なんだと思いますか?
それは「金」「モノ」「地位」といった、地位財による幸せです。
つまり、他人と比べられる財です。

では、長続きする幸せとは何か?
それは「安全」「健康」「心」といった、非地位財による幸せです。

前野教授の研究では、長続きする幸せの中から「心」による幸せに着目。

幸せの心理的要因に関係するアンケートを1,500人の日本人に行い、
その結果を因子分析した結果、「幸せには4つの因子」があると分かりました。

 

■幸せの4つの因子

では、幸せの4つの因子とは何なのでしょうか?
それがこの4つです。

第1因子 「やってみよう」
第2因子 「ありがとう」
第3因子 「なんとかなる」
第4因子 「ありのままに」

具体的には・・・

「やってみよう」は、夢・目標、強み、成長、自己肯定感。
「ありがとう」は、感謝、利他、許容、承認、信頼、尊敬、自己有用感。
「なんとかなる」は、前向き、楽観性、自己受容。
「ありのままに」は、独立、自分らしさ。

また、『個人の在り方』に関する因子が、第1因子、第3因子、第4因子、
『関係の質』に関する因子が、第2因子です。

例えば、不幸な場合はこの因子がどうなっているかというと、
「やる気がない」「つながりと感謝がない」「なんともならない」「人の目が気になる」状態。

まあまあ幸せな場合は、
「やってみよう」「ありがとう」「なんとかなる」「ありのまま」の状態。

極めて幸せな場合は、
「本当にやりたいことをやっている」「あらゆるものごとへの感謝と貢献」、
「何でも何とかなるという想い」「本当に人の目を気にせずブレない」状態。

どれかだけが突出していてもダメで、4つそろっていることが幸せの条件になります。

 

■幸せとはお花畑ではない

前野教授は幸福学を経営学の観点からも言及されています。
例えば、

「自分自身を磨き、ワクワクし、多様な仲間と共に、
前向きに自分らしく自己実現している人(社員)を育てること。」

「労働時間を短くするのもいいが、その前に信頼する仲間と共に行う仕事が
楽しくてワクワクしてたまらなくなるような施策が大切。」

「これからはWell-Being経営の時代!」

前野教授のお話はとても共感できるものばかりでした。

そんな前野教授に出会うきっかけをくれた私の会社は、
我ながらいい会社だなぁと思います。

 

■世界中の人を幸せにしたい

前野教授は数えきれないくらいの著書を執筆されていて、
どれも売れている本ばかりなのですごいですね、とお話したところ、

「世界中の人を幸せにしたいのに、何十万部売れたって全然足りないよ~。
何かいい方法知らない?」

と言われて、なんと自分のスケールの小さなことか・・・と思い知りました。

前野教授に出会った2018年4月から、4か月経ったいま。
自身の講演活動、職場体験、インターン、周りの友人に前野教授の幸福学のお話をして、
ようやく100人くらいの人に、言うだけですが伝えることができました。

このブログを通じて、いろんな人に幸せの4つの因子について知ってもらえたら嬉しいです。

そしてウェブ解析士のみなさん、ぜひ幸せなウェブ解析士になってください。
そうすれば身に付けたスキルがもっと活きて、アイデアはあふれ出て、
どんどん成果が出て、幸せの連鎖が止まらない人になれると思います。

★幸せの4つの因子
第1因子 「やってみよう」 (夢・目標、強み、成長、自己肯定感)
第2因子 「ありがとう」  (感謝、利他、許容、承認、信頼、尊敬、自己有用感)
第3因子 「なんとかなる」 (前向き、楽観性、自己受容)
第4因子 「ありのままに」 (独立、自分らしさ)

■参考動画

「幸せのメカニズムー実践・幸福学入門」(慶応SDMの講義「システムの化学と哲学」の一部)
Youtubeで「幸福学入門 前野」と入力して検索してみてください。

今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。B to Bの広報と採用が本職。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーター、インターネットラジオパーソナリティとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援×広報に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

1件のコメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください