本のイメ―ジ

お勧めの本:ハーバードのエリートは、なぜプレッシャーに強いのか?

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今回は、お勧めの本「ハーバードのエリートは、なぜプレッシャーに強いのか?」のお話です。

ウェブ解析士会議2018の講師より、
「ウェブ解析士よ、世界を目指せ!」というエールがありました。

そこで、今回は皆さんの世界を広げる著書、
森若幸次郎さんの「ハーバードのエリートは、なぜプレシャーに強いのか?」をご紹介します。

■この本の紹介理由

正直、私はこれまでの人生でハーバードについて調べたことは1度もありませんでした。
だって、あまりに自分とは遠い世界だったので。
でもこの本を読んで思ったんです。

いつでも自分の可能性を狭めているのは「自分」。
いつでも自分の可能性を広げられるのも「自分」。

そう、結局すべては自分次第ってことです。

このブログを読んで頂いている皆さんは、
ひょっとしたら世界中で活躍して、より多くの人の笑顔を作れる方ではありませんか?

○○は一部の人しか関係ない世界だ、といういつもの思考を止めていると、
意外な道が開けてくるかもしれません。

著書の森若さんも、そう考えたことで世界が広がったそうです。
ぜひこの著書を通じて、皆さんの世界も広がれば幸いです。

■この本をお勧めしたい人

・ハーバードのPLDでどのような体験ができるか知りたい人
・ハーバードなんて自分には関係ないと思っている人
・森若幸次郎さんに興味がある人
・自分の視野や可能性をもっと広げたいと思っている人(自分にブレーキかけている人)

■著者について

森若幸次郎
株式会社シリコンバレーベンチャーズ 代表取締役 CEO
株式会社モリワカ 専務取締役 CIO
ハーバードビジネススクールのPLDを日本人最年少で終了し、
スタンフォード大学経営大学院でM&A、シドニー大学で経営学を学ぶ。
各地でイノベーション創出を目的としたワークショップや講演を開催している。

■この本から分かること

著者の目線で、以下について知ることができます。

・ハーバード大学の特徴やビジョンが分かる
・ハーバードビジネススクールのPLDでどんな体験ができるのかリアルに分かる。
[PLD: Program for Leadership Development (certificate program)]
・同期生やその家族、教授とのエピソードを通じて、リーダーシップについて学べる。
・PLDを通じて著者がどのようなことを感じ、今に至ったのかが分かる。

■この本の良い点

・著者がハーバードで体験したことがイキイキと伝わってきて、大学生活を疑似体験できる。
・各章の終わりに話の内容が3つのポイントでまとめられており、より理解を深めやすい。

■この本の面白かった点

・PLDのリビングルーム(8人のチーム)という制度が面白かったです。
絶対に仲良くならなければいけない「しかけ」によって、
チームの関係性作りから、議論を深め、お互いが磨かれあうようになっていると分かりました。

■今回ご紹介した本について

題名:ハーバードのエリートは、なぜプレシャーに強いのか?
著者:森若幸次郎
出版:株式会社学研プラス
発行:2016年3月22日
価格:1,300円(税別)

今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

★注意点★
・本書に限らず、著書というのはその人の主観で書かれているものです。
・よって、悪気なく情報が偏ったりすることもあります。
・大事なのは、本当にそうかな?自分だったらどう思うかな?と、意見を持って読むことです。
(それは私のブログを読むときもしかりです)

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。B to Bの広報と採用が本職。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーター、インターネットラジオパーソナリティとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援×広報に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください