写真イメージ

SNS等でなりすまし被害に遭ったときの対処法(記事紹介)

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今日は、SNS等でなりすまし被害に遭ったときの対処法についてです。

「うちの会社は小さいし大丈夫(なりすましされるようなアカウントじゃないと思う)。」
「そういうことってあるんだね(でも自分には関係ないだろう)。」

と思う方って、案外多いのではないでしょうか。

そもそも、なりすましに遭うかも(><)なんて思うのはストレスですし、
遠いどこかの世界で起こっていることのような気がしますよね(そうであってほしい)。

ただ、交通事故と一緒で、楽観的過ぎるといざって時にマゴマゴしてパニックになるので、
事前のシミュレーションだと思って、
「こういう対処フローがあるんだな~」くらいは目に入れておいた方がいいですよ!

これを一瞬でも想像しているのとしてないのでは、雲泥の差だと思いますので、
お時間あるときにちょっと調べてみてください。こちらが今日の参考記事のURLです。

▽企業や組織がSNSアカウントや広告でのなりすまし被害に遭ったときの対処法
https://www.is702.jp/special/3854/


今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください