写真イメージ

AIの基礎(シンボルグラウンディング問題)

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今回は、AIの基礎(シンボルグラウンディング問題)の学びをシェアします。

※情報源は「窪田望のアンテナ!」です。


■シンボルグラウンディング問題

・記号(シンボル)が実世界の意味につながっている(グラウンディング)かを論じる問題。
・1990年に認知科学者のStevan Harnad(スティーブン・ハルナッド)氏が提唱した。

<詳細>
人間は記号と実世界の意味を結び付けて言葉を理解している一方、
コンピュータ・人工知能では必ずしも結び付いていない=言葉を理解しているわけではない、
と主張されている。フレーム問題と同様に、人工知能における難問とされている。

例)
「シマウマ(Zebra)」=「しましま(stripes)」+ 「馬(horse)」を表す記号文字列

・人間=「シマウマ」を見た時に、「しましま」と「馬」を結び付けて考えられる。
・コンピュータ=「しましま」と「うま」は単なる記号なので、シマウマとは結び付けられない。


★メモ
AIが不得意なこと、できないことを知ると、言語や言葉の世界がいかに深いか実感しますね。。


今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください