写真イメージ

PLAZMA OMOに参加しました

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今日、トレジャーデータさんのPLAZMA OMOに参加しました。

昨年、トレジャーデータさんのオンラインイベントに参加して以来、
安定した音声/画質 × ハイクオリティなコンテンツですっかりファンになってしまい、
たびたび参加させてもらっています。

今回は、2月22日に出版された「ユーザー起点マーケティング実践ガイド」の中で紹介された、
パルコさんとサンリオさんの事例の一部が解説されました。


■パルコの顧客体験ジャーニー「CCWCSモデル」
以下のアルファベットの頭文字をとって、CCWCSモデルと呼んでいるそうです。

Clip(ブログ記事閲覧・お気に入り登録)
Check in(来店チェックイン)
Walking(館内歩数カウント)
Conversion(接客・購入)
Star rating(サービス評価)


ここの「 Walking(館内歩数カウント) 」っていうところがいいですね。

複数店舗を見る人=ファンのお客さん、というのは元々データから分かっていたそうで、
じゃあ指標に「Walking」を入れよう、ということになったそうです。

それを促す施策が、一定の歩数をパルコの中で歩くとポイントが付与されるというもの。

来店した際、パルコのアプリにチェックインすることで歩数が計測され、
店内で500歩あるくとポイントが付与される仕組みなんだそうです。スゴイ。

世の中のモデルを使うのもいいですが、独自で指標を作ってみるのも素敵だと思いました。



■サンリオ独自の「バロメーター理論」
ブランドとのかかわりを、2軸でダイナミックに視覚化した考え方が素敵でした。
(といっても言葉だとうまく伝わらないと思いますが・・・)

子どものころサンリオが好きで、少し大人になるとブランドと離れて、
親になったら子どもにプレゼントしてまた接点ができて。。

お客さんとの距離がライフステージによって近づいたり、遠のいたりする。
このダイナミックな流れを見事に表現されていました。

一生を通じて寄り添えるブランドってすごいなぁ・・・。


今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください