写真イメージ

デジタイゼーションとデジタライゼーション

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今回は、デジタイゼーションとデジタライゼーションの違いについてです。

昨今、日本ではDX(デジタルトランスフォーメーション)という言葉が盛んに使われています。

そして、DXと一緒に使われることが多い言葉が、
「デジタイゼーション」と「デジタライゼーション」です。

簡単に違いを解説すると、このような感じです。

■デジタイゼーション(Digitization)
単なるデジタル化のこと。
例えば手書きで管理していた在庫リストをデータベース化するなど。

■デジタライゼーション(Digitalization)
デジタル技術を活用して、新たな事業価値や顧客体験を生み出すこと。
例えば各個人で持っていた車をシェアリングにするなど。


DXと言っても、そこに至るまでには上記のようなステップがあります。
ポイントは、自社のステージ、自部署のステージにあった進め方をすること。

例えば、うちの現場はまだ手書きで管理をしている、と言った場合は、
デジタイゼーション(アナログからデジタル化)の段階です。

その場合は、まずはデジタル化によって業務効率を上げることからスタートする方が、
ムリなくDXを進めることができます。

▽参考:デジタイゼーションとデジタライゼーションの違い
https://dmc.i-studio.co.jp/dx/digitization_digitalization/


今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください