写真イメージ

マーケティング5.0、Data-Driven Marketing

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
前回に引き続き、「マーケティング5.0」セミナーの振り返りをしていきます。

■マーケティング5.0の5つの要素とは

1.データドリブンマーケティング(Data-Driven Marketing)
2.予測型のマーケティング(Predictive Marketing)
3.文脈に基づくマーケティング(Contextual Marketing)
4.拡張技術によるマーケティング(Augmented Marketing)
5.アジャイルマーケティング(Agile Marketing)

1と2が、マーケティング5.0の軸となる要素で、
3~4が、アプリケーションだそうです。(※また別途詳細します)


■データドリブンマーケティング
ビッグデータなどさまざまなデータを組み合わせて、適切なマーケティングを実施する。
データの種類は以下の6つ。

・ソーシャルデータ
・メディアデータ
・Webデータ
・店舗のPOSデータ
・IoTデータ
・エンゲージメントデータ

<事例>
SNSで交わされている会話をAIで分析し、どの飲料トレンドが伸びるか計算したら、
3つのトレンドが見えてきた。

①スパークリング(healthyな炭酸飲料)
②透明性(添加物を使用していない)
③フレーバー(喉の渇きをいやすだけではない)

この情報を元に Bublyという商品を生み出したら、12か月で1億ドル売れたそうな。

▼こちらに Bubly の事例が出てます
https://www.blackswan.com/case-studies/bubbling-up-a-sparkling-new-drinks-brand-for-pepsico/


今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください