写真イメージ

GoogleのCore Web Vitals(コアウェブバイタル)とは?

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。

2020年5月28日、GoogleはCore Web Vitals(コアウェブバイタル)を、
2021年以降検索のランキング要因として取り入れることを発表しました。

今日はそんなCore Web Vitals(コアウェブバイタル)のお話です。


■Core Web Vitals(コアウェブバイタル)とは

ユーザー体験を向上させるための指標で、
その中でも特に重要な3つをCore Web Vitalsとしています。

Google developersより

1)LCP (Largest Contentful Paint)

ページの表示速度を図る指標。
ページ読込を開始してから2.5秒以内に表示する必要がある。
※スコアが短ければ短いほどよい

2)FID (First Input Delay

ユーザーの応答性を測る指標
ユーザーがアクション(クリックやタップ)をしてから藩王するまでの時間を
100ミリ秒以下になるようにする。※スコアが短ければ短いほど良い

3)CLS (Cumulative Layout Shift)

資格の安定性を図る指標
予期せぬレイアウトの崩れを独自に指標化して評価。ページは0.1未満のCLSを維持する必要がある。※スコアが小さければ小さいほどよい

サイト改修予定がある方は、こちらも踏まえて課題の洗い直しをしてみてください。
以下に参考URLをはっておきます。

▼Googleウェブマスターブログ
http:// https://webmaster-ja.googleblog.com/2020/06/evaluating-page-experience.html


今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください