写真イメージ

PLAZMA12:Day2

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
本日は、PLAZMA12:Day2に参加しました。

今日の一番の楽しみは、入山教授のお話のつづき。
印象に残った言葉を書き残しておきます。


■Keynote
「DXがなぜ必要なのか?(Part2)」
早稲田大学大学院経営管理研究科 早稲田大学ビジネススクール 教授 入山 章栄 氏

センスメイキング理論によると、「納得性」が大事。
英語で言うと、「plausibility」で、平たく言うと「腹落ち」。

我々は何の会社で、遠い未来に向かってどう進むのか。
どう世の中に価値を出して、どう儲けるのか、
大きな方向性に対する腹落ちが会社で徹底されていることが重要。

知の探索は、大変な割に失敗が多いので、
「原落ち」がないと進まない。
目先の正確性よりも、中長期的な納得性を重視する。


今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください