写真イメージ

数字の向こうにユーザーがいることを忘れない

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
仕事がら、いろんなアクセスデータを見たり、作業を自動化することがあります。

この時に自分の中で気をつけていることは、
「数字の向こうにユーザーがいることを忘れない」ということです。

ずっとGoogleアナリティクスなどのデータと向き合っていると、
このデータの源が人だということを、つい忘れちゃう時があるんですよね。

その頭で施策を考えるとどうなるかというと、
たいていうまくいかないです。

もちろん、うまくいくこともあるんだろうけど、長続きしないというか。


自動化の作業も同じ。例えばMAなどでシナリオ設計をして、
ある行動をしたら自動でメール配信する、みたいな施策をしたときも。

お客さんがどういう気持ちで、どんなシーンでいるときに、このメールを受け取るのか。

想像せずにこちらのやりたいことだけ押し付けてしまうと、
いい反応は得られないし、最悪クレームになったり、トラブルに発展する。

だから、 「数字の向こうにユーザーがいることを忘れない」 と、
ハッと気がついたときに、改めて意識するようにしています。


今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください