写真イメージ

EFO(エントリーフォーム最適化)ツール

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今回はフォーム改善に役立つEFOツールのお話です。

みなさん、EFOってご存じですか?

EFOとは、Entry Form Optimization(入力フォーム最適化)の略で、
入力フォームのユーザビリティを高めるために取られる施策のことを言います。

私は最初EFOを見たとき、UFOの間違いかと思いました(爆)。

それはさておき、コンバージョンを上げていく上で、
意外と忘れがちで、かつ効果が見込めるのエントリーフォームについて、
簡単なポイントをご紹介させていただきます。


■ 入力を最小値にする
お問い合わせを対応する人(主に営業さん)から考えると、
ユーザーの情報ってできればたくさん欲しいんですよね。

例えば、名前や連絡先はもちろん、部署、役職、どういう企業で、何の目的かなどなど。。

ただ、入力が多ければ多いほど、ユーザーは手間に感じて離脱してしまいます。
サイト運用を続けているとついつい入力項目が増えがちなので、見直してみましょう。


■エラーはリアルタイムに伝える
入力を全部し終わって、さあ送信ボタンを押そうと思ったら「エラー!」
なんていうことになったら、もうめんどくさくて離脱しちゃうかもしれませんよね。

入力制御が必要な場合は、ユーザーが入力したそばからエラーを出して、
その場で直せるようにしましょう。


■必須と任意を記載する
必須なのか任意なのかが分からないと、どこまで入れればいいの?とユーザーは思います。
なるべく必須は少なくしましょう。任意のものも、任意で残すべきなのか、
そもそもなくてもいいのかを検討しましょう。


■余計なボタンを配置しない

こちらも意外とやってしまいがちなのですが、
入力フォームはなるべくそれだけにお客様が集中できるデザインにしましょう。

あれ、なんだろうこれ、と途中で触ってしまうようなボタンがあると、
思わぬところでお客さんが離脱してしまうかもしれません。


以上です。EFOをするのであれば、ゴリラEFOなど専用ツールを使ってもいいかもしれません。

今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください