写真イメージ

MA×GAを活用した事例セミナーに参加しました

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今日は、「少人数でも出来る!MA×GAを活用した事例セミナー」に参加しました。

講師は、解析界の第一人者、小川卓さん。

結論、聞いてよかったなー!

ある種すっきりしたのは、自社のMAとGAで役割が重複する部分があるんですが、
「ツールの併用で価値を生む(重複でむしろ価値を出す)」とお話されていた点です。

きれいに住み分けして使わないといけないのか、と思いこんでいたので、
なんだ、ラップしてていいんだ。と思ったら気が楽になりました。

以下、セミナーの中でも自分に刺さった部分をメモとして書いておきます。

<ツールの全体像を理解する>

■各ツールの使い分け・位置づけ
★Googleアナリティクス(全ユーザー情報の約90~95%)
・サイト全体の状況把握
・リード獲得前のサイト分析
・サイト内施策の評価
・全体数値のモニタリング

★Pardot(全ユーザー情報の約5~10%)
・ユーザー単位の行動分析
・取得情報に基づいたコミュニケーション施策の実施
・スコアリングによる評価

■ツールの併用で価値を生む
コンバージョンするまでの動き →GA
コンバージョンした人の動き  →GA×Pardot
コンバージョン後のコミュニケーション →Pardot


<改善につながるGAレポートの重要ポイント>

■集客チャネルレポート
・数字に変化があった場合にまず見るべきレポート
・集客元を特定して原因分析
★ランディングページとセットで利用

■ランディングページ
(流入が多くて直帰率が高いページが優先課題)

・広告内容の見直し
・ページをちゃんと見ているかのチェック(スクロール率や読了率)
★ユーザーが次に見たいコンテンツへ誘導できているか

■ナビゲーションサマリー
・訪問したページや改修したページから、次のページの遷移を見る
・お問い合わせやフォームの1つ前のページを見る
・デバイス、新規リピート、CV有無で確認する


<メモ:MA×Pardotの連携で必要な内容>
・APIでPardotとsalesforceのデータを取得できる契約
・PardotのIDをGAにセットするためのJavaScriptファイル
・Spreadsheet等でデータを取得する


今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください