写真イメージ

ペルソナの書き方って・・・

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
商品やサービスにおける理想のユーザー像を、マーケティング用語ではペルソナと言います。

※ペルソナとターゲット、どう違うの?という疑問については下記記事をご覧ください
https://web-analyst-chanoma.com/archives/2924


マーケティングに携わる人なら、
たぶんほとんどの方が作ったことがあるであろうペルソナ。


これをつくるときの「主語」って、みなさんどうされてますか?


だいたいのテンプレートというか参考文献は、
主語が誰でもないというか、こちら側=マーケターで書かれていると思います。

でも、「趣味」とか、「このペルソナが抱えているビジネス課題」とか、
「なぜこの商品を使いたいのか」みたいな設問に対して、


「ペルソナを主語 」 にして書いてみると、グッと人格が濃くなると感じたんです。


例えば、ペルソナ○○さんの趣味について書くときに、

★無主語
趣味:野球、休日によく草野球をしている

★ペルソナ○○さんが主語
趣味:子どものころ、よく父とキャッチボールをしていたこともあって、野球が好きです。
   休日は地元の仲間と草野球を楽しんでいます。


上手く伝わらないかもしれないけれど・・・

自分がそのペルソナになったと思って、
誰かに話すように書くと、人物に奥行きが増すような気がするんですよね。

こういう書き方でつくってみると、自分自身にもペルソナをインストール出来る気がします。


今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください