写真イメージ

悲しいときは、小さな幸せをたくさん思い出そう

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。

今日のオンライン英会話は、「CHASE THE LIGHT(光を追いかけて)」という、
何故ひまわりは太陽を追うのか、という記事を教材に選びました。

読み終わった後、いくつか先生が質問するのですが、
あなたにとっての光は何ですかとか、幸せを維持する方法とか、
日本語でもなかなか話さないような内容で、モゴモゴ・・・(笑)。


私の場合ですが、自分の well-being(幸福な状態)を保つ方法は、
よく食べ、よく運動し、よく笑い、よく寝る、が鉄板です。

それから、もしも幸せを感じられなくなったり、悲しい気持ちになったときは、
小さな幸せをたくさん思い出します、と回答しました。


例えば、私には家族がいます。友達がいます。帰る家があります。布団があります。
ご飯もあります。勉強することもできます。何よりも今日生きています・・・

こうした小さな感謝をいくつもいくつも探していくと、
そうか、「自分って満たされていたよね」、ということを思い出すことができます。

そもそも、今日生きてるからラッキーと思う時点で、
人によってはポジティブだなーと言われるかもしれませんが・・・。


もしも少し悲しいことがあったら、自分のまわりをよーく見まわしてみてください。
まったく小さな幸せが見つからないという時は、

「私は○○を持っている」

の、○○の部分に目に入ったもの全部を入れてみてください。

それから、「私は○○ができた」とか、 自分がこれまでにした体験なんかも
思い出してもいいかもしれません。 (旅行に行けた、誕生日を祝ってもらった、etc)

しばらくやっていると、謎の感謝の気持ちが湧き上がってくると思います。

※もし、ぜんぜん幸せ感じられないんだけど!と言う人がいたらすみません・・・


今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください