写真イメージ

笑顔というものがこの世にあってよかった

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
心からの笑顔を向けられると、安心するし、心がほっこりしますよね。


ふと、人間ってなぜ笑顔という表情を持つようになったんだろう、と思いました。


きっかけは、オンライン英会話での出来事。

私は満足に英語が話せないので、毎回のように言葉に詰まりますし、
言葉で伝えられないシーンはとてもたくさんあります。

すると、「伝えられない」とか「伝わっていない」という事実が、
自分の心をざわつかせて、得体のしれない不安がどんどん膨らんでいくんです。

そんな時に、トレーナーさんがただ笑顔でいてくれるだけで、
不安が和らぐというか、ちょっと我に返るというか、
「この場に自分が存在していてもいいんだ」という感じがするんですよね。


うーん、笑顔ってすごいな。


もしかしたら赤ちゃんってこんな気持ちなのかなぁ。

相手の言っていることはなんとなく分かる(もしくは分からない)状況で、
自分自身は分かりやすいコミュニケーションが取れない。
だから不安になるし、伝わらないもどかしさから、なんだか泣けてくるみたいな。

でも、笑顔で相手が見てくれるだけで、こちらも笑顔になれる、
そうすると、心を開いてコミュニケーションが再開できる。


神様なのか、それとも人間の進化なのか分からないけれど、
笑顔というものがこの世にあってよかったなぁ。

私もできるだけいつでも笑顔でいられるようにしよう。


今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください