写真イメージ

SCOTSMAN(スコッツマン)情報

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
みなさん、「SCOTSMAN(スコッツマン)情報」ってご存じですか?

営業案件の見込み度合いを判断するための項目のことで、
以下の頭文字をとって SCOTSMAN といいます。

・Situation(先方の立場)
・Competitors(競合)
・Opportunity(条件、機会)
・Timeframe(導入時期)
・Size(導入規模)
・Money(金額、予算)
・Authority(決裁権or権限)
・Needs(必要性、要望)


SCOTSMAN 情報は、以前ご紹介した「BANT条件」の詳しいバージョンとも言えます。

こちらの情報を参考に、この案件がホットなのかコールドなのか、
判断する指標に使っていただけたらと思います。


今回はここまでです。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析して、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。社内広報やデジタルマーケティングの仕事が大好きで、ウェブ解析士としても活動中。ブログではウェブ解析のことや、日々の気づきを綴っています。現在は海外赴任でオレゴン州ポートランド在住。Global Business Strategic マネージャー。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください