写真イメージ

デンマークのヒュッゲ(hygge)

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今日、友達から「ヒュッゲ(hugge)」という言葉を教えてもらいました。

ヒュッゲ(hugge) はデンマークの人たちが大切しているライフスタイルを表す言葉で、
ほっこりする空間とか、居心地のいい空間、といった意味だそうです。

厳しい冬の期間が長く、家で過ごす時間が多いため、
家族、恋人、友人たちと家でゆっくり過ごそう、
という考え方や文化が醸成され、ヒュッゲが生まれたと推測します。

世界幸福度ランキングで毎年上位のデンマークですが、
その背景にはヒュッゲという幸せを定義し、
共通認識にしたことも影響しているのでは?と、ふと思いました。

ちなみに、デンマークの「ヒュッゲ」に近い考え方として、
スウェーデンの「ミューシグ(Mysig)」、ノルウェーの「コーセリ(Koselig)」、
という言葉もあるそうです。

日本にも、きっと同じような感覚・概念があると思います。
もしかしたら、これに言葉を与えるだけで、
当たり前に感じているものが幸せに変化するのかも・・・

そんなことを思った今日この頃です。


今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください