写真イメージ

目標管理は方程式+時間軸で考える

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
先日、自分の過去記事を読んでいて気付いたことがあります。

それは、方程式の盲点について書かれてない!というもの。

順を追って説明しますね。

Webサイトを事業の成果につなげていくために、
理想から逆算して目標値を作るのが大切で、

目標金額、受注単価、受注件数、受注率、問い合わせに対して、
理想の方程式を見つけていこう、なんてお話をしていました。

↓こんな感じです。

イメージ写真

この方程式を追っていけば、達成できる確率はぐんと上がります。
ただ、それだけでは不十分なんです。

なぜなら、この方程式を完璧にクリアしても、
未達になる時があるからです。

それはなぜか?

「引合~受注までの期間」や「受注~検収までの期間」と言った、
「時間軸の話」が全く入っていないからです。


つまり、受注単価も目標通り、受注数も目標通り、
受注率も目標通り、問い合わせも目標通りでも、

「受注や検収までの時間軸」

を読み違えると、その期内で達成できないことがあるということです。

(B to Cのようにすぐお金が入ってくる業態は別ですが、
 B to Bのような形態では、お金の回収タイミングが遅いんです)

なので、Webサイトからの受注案件がどのくらいの期間で受注しているか、
また、検収までもっていけているかを見るのがとても大事なんです。

そのためにも、営業さんとコミュニケーションを取って、
情報を集めるようにしていきましょう。


今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。B to Bの広報と採用が本職。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーター、インターネットラジオパーソナリティとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援×広報に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください