写真イメージ

メルマガの成果を上げる考え方

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今回は、「メルマガの成果を上げる考え方」のお話です。

みなさんは、メルマガの成果って何?と聞かれたら、どんな風に答えますか?
私は以下の3つに分解できると考えています。

1.名前を覚えてもらう(認知を広げる)
  KPI:配信本数、配信件数、社名を知っている率

2.開封/クリックされる(興味を持たれる)
  KPI:開封率、クリック率、配信停止率

3.お問合せ/購入される(繋がりができる)
  KPI/KGI:お問合せ件数、購入件数or金額

これを人間関係で例えると、
1は知人~友達、2は友達~恋人、3は恋人~結婚、そんな風にも言えると思います。


また、理由はよく分からないけれど成果がでない・・・という場合は、
この図を思い出してください。

写真イメージ

例えばデートを取り付けようとしたとき。
同じメールで5人からデートの約束を貰おうと思ったら、かなり難しくないですか?

例えば、めちゃくちゃメルマガの運用スキルがあるとか、自社にファンがいたら別ですが、
そうでない場合、これはもう勝てない戦いに挑んでいるも同然です。


求める成果は、自社のステージに合わせて目標設定しましょう。


最初は認知度を上げるところから。
そのためにも、まずはメルマガを送ること!これが何よりも大事です。


今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください