採用広報とは

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今回は、「採用広報を考える」のお話です。

みなさん、「採用広報」って言葉聞いたことありますか?

数年前からよく言われるようになったこの言葉、
採用活動を効果的に行うための広報活動のことを言います。

どうしてこの言葉が言われるようになったのか、
3つの要因があると考えています。


1.人材の流動化が起こるマーケットへシフトした

少し前まで日本は終身雇用が多く、
初めに入社した会社で定年まで勤めることが一般的でした。

しかし今はどうかというと、転職をする方が普通になってきて、
人材が流動化するように変わってきました。

つまり、採用活動をリーチする対象が増えたわけです。

本来広報とは、株主などのステークホルダーと良い関係を築くのが仕事なので、
それを候補者ともより行う必要が出てきた、というのが近年の流れです。


2.少子高齢化へシフトした

少子高齢化により単純に働き手が減っていることから、
より候補者に自社の欲しい人材を伝えたり、魅力を伝えたりする必要が出てきました。

そういった背景もあり、
採用広報と言われるようになってきたのではないかと思います。


3.SNSを始めとしたITツールが増えた

恐らく20年くらい前の就職活動は、オフラインベースだったと思います。

今ではホームページはもちろんのこと、FacebookやらTwitterなど、
いろんなITツールやSNSが採用活動にも使われています。

このITツールの登場というのが、採用の世界を大きく変えたと思います。


以上、いかがでしたか?他にもこんな要因あるよ!
というご意見ある方はお知らせください。

今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください