写真イメージ

そもそも失敗って何だろう

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今回は、「そもそも失敗って何だろう」のお話です。


「あなたの失敗から得た学びを教えてください」と言われたら、
みなさんはどんなお話をしますか?


私だったらどんな話をするかな、と今考えているのですが、
なかなかまとまらなくて。


そもそも失敗って何だろう。


そこで、世の中の失敗談についてインターネットで調べてみたのですが、
記事によって語られている粒度や角度がぜんぜん違うんですよね。


とにかく失敗を恐れずチャレンジしましょうという記事。
失敗してもいいなんて無責任と言う記事。


どれも間違ってはいないんだけれど、なんだか違和感があって・・・。
何でかなと考えていたら、その正体がついに分かりました。


それは「失敗」の定義が人によってかなりばらついている、というものです。


具体的に言うと、
「失敗談」で上位検索される話は確かにどれも失敗談なのですが、
失敗のレベルが三段階くらいに分かれている感じました。

例えばこのような感じです。

・ミス ・・・ちょっとした失敗
・失敗 ・・・成功を求めてやったがうまくいかなかった失敗
・過ち(罪) ・・・やってはいけない失敗

さすがのGoogleも、失敗のニュアンスを判別するのは難しいのかもしれない。

失敗談を語るときは、そもそもどのレンジの失敗談なのか?
失敗の定義を共有してから話さないと、話がかみ合わなくなるなと感じました。


今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください