写真イメージ

ハープの思い出と教訓

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今回は、「ハープの思い出と教訓」のお話です。

何事においても、良くない思い込みはしない方がいいし、
相手の興味を遮る発言は控えた方がいい、と思ったことがあったので書き記しておきます。


みなさん、ハープ(harp)ってご存知ですか?

そう、 西洋音楽で用いられる弦鳴楽器 です。
幻想的な音色がとても素敵ですよね。

小さいころハープに憧れて、「ハープって素敵だなぁ、弾いてみたい。」と言ったら、
「ハープはすごく高いし、手がボロボロになるからやめた方がいいよ」と言われました。

そうなんだ、、ってその時は終わってしまったのですが・・・


つい先日、偶然にもハープを趣味で演奏されている方に出会ったんです。

それで子供の頃を思い出して、
「ハープ素敵ですよね!小さいころハープの音色が好きでした。
でもなかなか手が出ない値段で、手のケアも大変と聞いて・・・」と言ったところ、

「確かに高いハープもありますよね。でも私がやっているのは小さなハープなので。
 実は高くないですし、そんなに大変じゃないですよ」とのことで。


えー!そうだったんだー!泣

小さいころだから仕方ないけど、
自分は言われたことをうのみにしてしまったんだなぁ、と思いました。

そもそも止めた方がいいと言われても、
自分で調べるくらいのことはしても良かったと思いますが(笑)。
(とはいえ幼稚園か小学生には無理だったかな・・・)

実際調べてみると、ハープっていろんな種類があったんです。
思い出せば、ベビーハープ(小さいハープ)もテレビで見たことがありました。

ただ、「高い」とか「手がボロボロ」とか「やめた方がいい」という単語から、
自分はまったくハープが視界にはいらなくなっていたんだなぁ・・・と。

改めて、思い込みすぎるのはよくないということと、
相手の興味や行動を遮ってしまうような発言を、自分もしないように気を付けようと思いました。


今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください