写真イメージ

ブランディングをアップデートする

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今回は、「ブランディングをアップデートする」のお話です。

イギリスのvivienne westwoodをご存知ですか?
そう、 「王冠」と「地球」をモチーフにしたロゴが特徴的なブランドです。

「印象的な服を着ることは、よりよい人生につながる。」

という vivienne westwood の名言があるそうですが、
これってまさしくブランディングだね、というお話を今日は聞いてきました。

私は大学のころからブランドとかブランディングに興味があったので、
独学でちょこちょこ情報は仕入れていたのです。

そういった背景もあり、「これからのブランディング」について、
とてもワクワク思考をめぐらすことができました。

以下に、メモ書きをしておこうと思います。


そもそもブランドとは、これは自分のものだぞ、
と分かるように「発見」してもらう技術でした。

これをみんなができるようになってくると、
「発信」する技術が磨かれ、伝わりやすくすることが必要になってきました。

その次は何がやってくるかというと、ある方によると「本質」だそうです。
つまり、本物以外の偽物は淘汰される時代ということですね・・・

以下にキーワードを書いておきます。

・感受する(どう受け取られているか、五感で感じる)
・選択する(何をやりたいか、ではなく、何をやらないか、も大事)
・ノイズ(ノイズを出さない、ノイズを拾わない)
・信頼(信頼関係をつくって前置きをなくす)
・見極め(ホンモノを見て目利きになる)
・遊ぶ(思いっきり遊んだ中から見えてくるものがある)
・私たち(主語を意識する。私、私たち、私と私たちなど)
・時間(自分の時間が濃密か、幸せか)
・学び(学びの質を上げる)
・減らす(手放すこともアップデート)


また、ブランディングとは「一貫性」をもって伝えていくこと。
自分の「世界観」を大事にして、そこに合わせて行くことも大事だと感じました。

例)ブログ、ラジオ、LINE、SNS、二次コンテンツ、オウンドメディアなどのデザインや発言の統一
例)自分のビジネスを、コンテンツ軸、リアル軸、マーケティング軸で切ったり(横軸)、
  私とあなた、私と私たち、私たち、などで主語で区切ったり(縦軸)

今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください