講演イメージ

米サンノゼ Martech Conference 2019 報告会②

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今回は、「米サンノゼ Martech Conference 2019 報告会②」のお話です。

■20:00-20:30 講演
ウェブ解析士が見たMartech Conference 2019(江尻俊章 氏)

江尻俊章 氏


■ウェブ解析士からみた3つのトレンド

1)サイトスピード改善

yottaaやpantheonなど、サイトスピード改善サービスが目立った。

具体的には、内部を観察してどこに遅延のポイントがあるのか調べたり、
最適な表示速度を出すためのサーバーを提供するなど。

これらが登場している背景を推測すると2つ。

マーケティングテクノロジーが進化すると、いろんなソリューションが組み合わさる分、
データベースたたいたり、JAVAスクリプトが出てきたり、つまり遅くなることが必然だから。

また、マーテク系のサービスが複雑化し、分かりやすい提案が難しい昨今、
サイト表示を早くするというソリューションはとても分かりやすい。

<参考>
https://www.yottaa.com/
https://pantheon.io/


2)グロースハックチームマネージメント

マーケティングテクノロジーを活用し、
PDCAを高速でまわしていくためにはグロースハックチームのマネジメントが重要。

それを可能にするマネジメントツールもホット。
例えば以下のようなツールが紹介されていた。

Scrum タスク管理 …作業工程・作業時間・プロジェクト管理ツール
Kanban 担当管理 …プロセス管理ツール

<参考>
https://www.zoho.com/sprints/
https://coschedule.com/


3)O2O(Online to Offline)

スマートスピーカーなど音声ソリューションをキーにしたサービスや、
DKM(Digital Knowledge Management)のサービスがアツい。

例えば、検索サイト、マップアプリ、SNS、音声検索で公開されている自社の情報を
一元的に管理することができるYext(イエクスト)など。

アメリカでは人口の20%くらいがスマートスピーカーを持っており、
2020年には世界で90億個くらいスマートスピーカーを持つ時代になると言われている。

検索エンジン最適化(SEO)のトレンドも、
「音声検索最適化(VSO)」に移っていくと想像される。

<参考>セミナー中に出たマーケティングテクノロジーの会社やサービス
Pinterest(ピンタレスト)
Foursquare(フォースクエア)


■その他:紹介されたサービスやツール

1)Lime 電動スクーター(アプリにCDでチャージして利用。安くて便利)
https://www.li.me/

2)Cloud Service for translation コンテンツ・広告・アプリなどを翻訳するサービス
https://www.translations.com/
https://www.verbalizeit.com/

3)Vyond 動画制作サービス アニメーションを簡単に作れるサービス
https://animedemo.com/


■まとめ

1)悩みはどこも同じ。
上司の無理解
顧客の無理解
周囲の無理解

2)テクノロジーの進化から、顧客の活用支援へ。
テクノロジーの進化に顧客の進化が追い付けない → 顧客の活用を促せる技術が進化している。

分かりやすい提案:進化したテクノロジーを分かりやすく伝える
組織運営支援:テクノロジーを回すための組織をどうやったら運営できるのか
店舗販促支援:これまでマーテクをうまく使えていなかった店舗などの販促支援

→クライアントに歩み寄る技術が注目されている。


今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください