イメージ写真

MEO(Map Engine Optimization)

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今回は、「MEO(Map Engine Optimization)」のお話です。


■MEOとは?
マップエンジン検索最適化のこと。

SEOは、インターネット検索において自社が上位表示するための施策を指しますが、
これの地図検索バージョンがMEOです。

2008年くらいにSEOが流行り出して、
その翌年くらいからMEOもよく聞くようになった記憶があります。

ただ、私が基本B to B向けのウェブ担当だったこともあり、
知っているけれどそんなに意識する必要がなかったので、すっかりこの観点を忘れていました。

思い出したきっかけは、グループ会社の業態がB to Cで助言を求められたから。

店舗を持つ会社にとってはMEOはとても重要なので、
基本の対応はぜひやっておきましょう。


■Googleマイビジネスに登録しよう
一番最低限の対応は「Googleマイビジネス」に登録することです。
https://www.google.com/intx/ja/business/faq.html

こちらはGoogleの事業者向けサービス。

例えばインターネット検索で会社や店舗を検索した時に、
右側に出てくる会社や店舗情報がそれです。

登録した覚えがないけれど会社やお店が出てくるよ、という場合は、
Googleがその存在を認識して自動的に情報を表示しています。

※その場合、掲載情報の下の方をよく見ると「このビジネスオーナーですか?」というコメントが出ています。


■メンテナンスを忘れないように
Googleマイビジネスに登録したら、登録しっぱなしにならないように注意が必要です。

例えば、社名や住所が変わったり、電話番号が変わったりしたら、
メンテナンスが必要になります。

そうでないと、検索ユーザーに誤った情報を提供してしまうので、
くれぐれもご注意くださいね。

あと、店舗数が50とか、100とか、1000とか、大きい事業者さんは、
自分たちで登録するのも大変なので、Googleマイビジネスの代行業者もご検討ください。

あるいは、自社でGoogleマイビジネスに掲載する情報を、
登録・更新できるアプリケーションも世の中にはありますので、
そういったサービスを選択するのもアリかなと思います。


今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。広報やウェブマーケティングの仕事が大好き。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーターとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください