写真イメージ

独自ドメイン、サブドメイン、サブディレクトリ

投稿者:

こんにちは。ウェブ解析士の佐藤佳です。
今回は、「独自ドメイン、サブドメイン、サブディレクトリ」のお話です。

新しくWebサイトを作るとき、
ネット上の住所となるドメインが必要になります。

その場合、「独自ドメイン」「サブドメイン」「サブディレクトリ」の3つの方法があるので、
簡単にご紹介したいと思います。


■独自ドメインとは
ユーザーが独自に名前を決めて、好きなように活用できるドメインのこと。

例えばこのケイチャンネルは、
「web-analyst-chanoma.com」という独自ドメインを取得しています。


■サブドメインとは
独自ドメインをさらに分割して、複数のユーザーに割り振るためのドメインのこと。
意味わからないですよね(笑)。

例えばYahoo!の独自ドメインは、「yahoo.co.jp」ですが、
Yahooニュース( news.yahoo.co.jp )とか、
Yahooショッピング( shopping.yahoo.co.jp )は、サブドメインになります。

つまり、 「独自ドメイン」の前に「.」で区切った文字列を付与されたもののことを言います。

メリットとしては、メインサイトと制作者が同じであることが分かりやすいので、
ユーザーにそのように認識してもらえる点です。


■サブディレクトリとは
独自ドメインのURLの後に「/(スラッシュ)」で区切ることで作成されます。

例えばですが、「web-analyst-chanoma.com/movie」など。
※そんなページないですが

メインサイトの延長上に位置するようなコンテンツにしたい場合に、
サブディレクトリがよく使われます。


そして気になるSEO対策についてですが、残念ながらコレ!といった答えはないのです。
なぜなら、結局はそこにぶら下がるコンテンツの影響が大きいためです。

サイトを新しくつくるとき、引っ越しする時にSEO対策はとっても気にはなりますが、
ユーザーにとって分かりやすいものにすることが、1番大切だと私は思います。


今回はここまでです。
また次回のブログでお会いしましょう。

Follow me!

この記事を書いた人

Kei Sato
面白いと思ったモノ・コトを解析し、広く報せることに喜びと生きがいを感じる人です。B to Bの広報と採用が本職。個人ではウェブ解析士、キャリアトランプ ダイバーシティ ナビゲーター、インターネットラジオパーソナリティとしても活動中。ブログでウェブ解析×キャリア支援×広報に役立つお話や、日々の気づきを綴っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください